FC2ブログ

昨年12月のボツ写真処理

前記事の星像チェックについてですが6DをSEOSP4にしてからずーっと気になっている事なんですがゴーストのためか輝星が割れてしまいます。
そんなわけで実質上のファーストライトだった写真を引っ張り出して簡単に処理してみました。
ボツの理由は構図だと思います。
hutagomon4min19iso3200blog.jpg
ふたご座クラゲ星雲IC443~モンキー星雲NGC2174
EOS 6D SEO-SP4 ISO3200 4min×19
BORG77ED+F4.3DG+LPS-P2
BORG60ED+MEADE DSIPro2+PHDGuiding1.14
RAP2、PsCC処理(ブログに大きい画像でJPEGアップするために圧縮率は低)
西臼塚

この日は記事にしてあるのだがこの作品については一切触れていなかった(-_-;)
せっかくのフルサイズの画角なのに中途半端。
クラゲの上の淡い部分のつながりも途中で切れちゃっているし、写真右上にはM35散開星団があるはずなんだけどこれも写っていない。
きっと構図が恥ずかしくてアップしなかったのだと思う。
「せっかく20枚も撮ったのにこんなだったのか~」ってね(笑)
上に2枚モザイクだったら良かったのにそれもやってない。まぁ、当日の目的はアトラクスでPCでスタラナビゲーターを使ってモザイクにトライしている様子だから機材が良好に動けばモザイクだったのかもしれないけど途中であきらめたらしい(笑)

星像の話になりますが最近撮ったものの星像が安定しないのです。
片ぼけのようなコマ収差のような三角になってしまうこともありフィルターとレデューサ周りを外してしめてチェックしてある。
その後撮れていないがフィルターのねじ切りが少しだけ緩んでいたので三角にになった片ぼけ状態は多分これかなと思う。

それは解消したとしても輝星が綺麗に撮れない。
写真を見ていただければわかるように周辺は若干の収差も感じ、輝星はゴースト発生し割れた状態になっている。これはしょうがないのかなぁ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://bls.blog21.fc2.com/tb.php/529-5353403c

FC2Ad

相続 会社設立