FC2ブログ

画像処理の方向

Sigma135mmを購入し無事ファーストライトを天城で済ませ何枚かブログにも載せましたがフラットを撮らないで処理しています。
面倒くさい、というのもおかしいが撮ってきた写真を可能な限り早く処理したい、となるとダーク、フラットなし、またはコンポなしとなってしまう。始めた頃はそんなもんだった。
最初の一眼デジタル、KissDの画像は赤い熱ノイズが盛大に出たのでやむを得ず?ダーク減算した。
フルサイズの5Dを使うようになって周辺減光を大いに体験し、フラットの必要性を感じてフラット補正もするようなった。
モザイクで広い写野を表現するとダークフラットは更に関係してくる。
というヒストリーだんだけどKissDが発売されて(購入して)15年かな。どんどん光学系も良くなり、仕上げが簡単にできないものかな?と考えてしまう。
その出来上がりは天文誌のフォトコンレベルには手が届かないが自分の納得する綺麗と思える作品レベルになればいい。
なぁんて思ってしまう。
一方では買ったばかりのレンズだけどもう少し焦点距離が長く高解像できれば!とも思う。
趣味の方向、画像処理の方向も楽しみながら進めてみよう!

ということで・・・ちょっと前に処理した「さそり座頭部」をPsCCのフィルター処理を使って再処理してみた。
anta90s-4c-2-hikaku1920.jpg
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | art+6D_SEOSP4
f1.8開放 ISO1600 90秒×4枚
RAP2ダーク補正、フラット補正なし
PsCC NikC画像処理
SXP赤道儀ノータッチ

一番上が前回のブログ処理。
真ん中が「フィルター⇒表現手法⇒拡散(暗く)」
一番下が「フィルター⇒その他⇒明かすさの最小値(1px)」
実はこの処理に至る理由はPCのデスクトップ壁紙にしてみたら微恒星が多すぎて目が落ち着かないので小さい星を消してしまおうと試みた結果でした。
上の処理後、レベル補正等+ノイズ軽減処理はしております。

微恒星が消えると壁紙らしくアイコンも綺麗に浮き上がりいい感じ。ガスもぼかしがまろやかになりウネウネした雰囲気で宇宙空間的!しかし、M4球状星団は恒星みたいになっちゃうし、アンタレス周りの黄色い領域は微恒星が反転されたように黒のボツボツが浮き上がり気持ち悪!
輝度だけを保持しようとこの領域だけマスクをかけて試みたもののどうやったらいいのかトライしたけどわからなかった。
遠目に見ると一番下の処理はイケてるかもね!
たった6分の露光でこうなるんだから15年前では考えられなかったなぁ・・・。

関連記事

コメント

一部にだけフィルターをかける

BLSさん、こんばんは。いろいろとやられていますね。
一部にだけフィルターをかける方法ですが、

1) 背景(レイヤー)を"レイヤーの複製"
2)そのコピーした"背景のコピー"に対してアンタレス付近の黄色の星雲を投げ縄で選択
3) 選択範囲を変更 -> 境界をぼかす 50 - 100ピクセルぐらいでしょうか
4) 選択範囲を反転
5) それを"背景のコピー"レイヤーに対するレイヤーマスクに。
6)"背景のコピー"レイヤーに、希望のフィルターをかける

そうするとレイヤーマスクで選択されていた場所(レイヤーマスクで白い場所)だけにフィルター効果がかかります。
選択されていないマスクの黒い場所は、下の背景レイヤーがそのまま見えているはずです。

私は、Camera Rawフィルターでノイズ低減をかける時に、部分的にかけるのでよく使っています。

あとはフィルターをかけたレイヤー (この場合は"背景のコピー")の不透明度を調節して、フィルター効果を弱めたりもできますね。


マスク処理

TK_Starlightさん、いつもありがとうございます!
説明していただいた通りにマスク処理するのですが星雲の明るさがマスクの境界線ではっきりとしてしまい修復不能になってます。
このコメントを書きながら考えてますがマスクを選択して更にマスクの加工が必要なのかな、と思いました。恒星だけのマスクを上手に作ればいい。いわゆる星マスクですかね、星雲の輝度は選択しないようにしてフィルターをかける。脳内では仕上がりましてが試してみます!
ありがとうございます!

マスクのぼかし

BLSさん、なるほど、星雲も暗くなってしまうのですね。
それなら、投げ縄で選択した後の、境界のぼかしを大きくすればいけそうな気はします。200, 300とかもっと大きく。
あとはマスクにしたあとに、マスク設定の画面で境界をぼかすこともできます。そこではマスクの濃度も調整できますね。

星マスクは結構大変なんですよねえ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://bls.blog21.fc2.com/tb.php/574-dd3091d7

FC2Ad

相続 会社設立