FC2ブログ

富士登山道のあかりとグルグル星景

沼津に淡島という島があります。

淡島は、静岡県沼津市にある島。駿河湾の湾奥にある内浦湾と江浦湾の境となっている。淡島は海底火山の地下にあった火道が隆起し侵食されて現れたもので、これは至近の静浦山地の山々と同じ成因である。「ぬまづの宝100選」の一つに選定されている。 ウィキペディアより引用

この淡島、富士山、星がテーマの写真を沼津市内浦長浜という所で撮ってきました。母の実家がすぐ近くにあり、こどもの頃から慣れ親しんだ風景です。
20180822_comp-2-6Dsam14-1000.jpg
canon6D SEO-SP4+samyang14mmF2.8
10sec×384(64min)
LrCC現像 シリウスコンプ比較明コンポ

以前、星景のためのロケハンをしていました。それがこの写真です。↓
output_compViv1000.jpg

上下の写真を比べてみます。
ロケハン(下)の写真は船がアクセントになり上手いこと撮れたと思ったのですが肝心の富士山が曇ってしまい写っていません。
今回(上)はロケハン時より波が大きかったために船が揺れていて「ゆーれー船」になってしまいました(おやじギャグ)
それにフルサイズ+14㎜では画角が広すぎて小さくなってしまった富士山がわかりにくいです(-_-;)
富士山は左右から連なった山が切れたところにあります。
というわけで・・・今回は2台体制で撮影してきました☆
20180822a73_comp3-1000_20180824220816ca9.jpg
「沼津淡島と富士登山道の軌跡」
Sonyα7Ⅲ+MC11+CanonEF70-200mm f2.8L IS (70mm)
10sec×285(48min)
LrCC現像 シリウスコンプ比較明コンポ PsCC処理
右側に位置するこんもりとしたのが淡島です。
ほぼ正面に連なって見えるのが富士宮口からの登山道だと思います。少し右は御殿場口登山道、富士山の右側稜線沿いわずかに須走口からの光が写っているように見えます。
14mm広角で見える通り、当日は低空に雲があり、富士山は霞んで見えましたがファインダー越しに見ると意外によく見えて(ミラーレスEVFの恩恵か)撮ることができて良かったです☆
月が太った夜に撮りに行こうと決めていましたのでミッション完了です!

α7Ⅲを長時間露光したのは初めてですがアンプノイズなど気にならないので星景の比較明コンポでは充分使えそうですね。
あ、飛行機の軌跡はPsでかなり消してあります・・・。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://bls.blog21.fc2.com/tb.php/601-17ca2a55

FC2Ad

相続 会社設立